妊娠しやすい 妊娠力 食べ物

妊娠したいなら摂っておきたい栄養と食べ物について

 

妊娠したいなら毎日の食事をしっかりと見直しましょう。
コンビニやインスタントフードや加工品ばかりを食べていませんか?

 

何かに偏って栄養を摂っていませんか?
妊娠力を高めるには、毎日必要な栄養をバランス良くいろいろな食べ物から摂っていくことが大切です。

 

たんぱく質

たんぱく質は赤ちゃんの体を作る上で必要な栄養で妊娠体質を作るにも必要不可欠です。

 

たんぱく質は肉や魚などの動物性と卵、乳製品、大豆などの植物性とがありますが、どちらも合わせて毎日摂取することが望ましいですね。

 

主食を肉や魚などの動物性たんぱく質を摂り、副菜として植物性たんぱく質を摂取すると良いですね。

 

鉄分

血液を作り、子宮環境を整えるためにも鉄分は必要です。また、妊娠すると貧血になりやすくなるため、鉄分はしっかり摂っておいたほうが良いでしょう。

 

女性は特に毎月の生理によって血液が外に出ていますので貧血状態の人が多いです。

 

レバーやマグロ、カツオなどに鉄分が豊富に含まれています。

 

葉酸

赤ちゃんの先天性異常を防ぐためにも妊娠前から葉酸を摂取することが理想です。

 

ブロッコリ-やほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

亜鉛

強い卵子や精子を作るために亜鉛は必要な成分です。

 

牡蠣やあさり、アーモンドに多く含まれています。

 

特に亜鉛は男性の精子には最適ですので、旦那さんに多く亜鉛を採れるようなメニューが作れると良いですね。

 

カルシウム

骨を作り、血液の成分となるカルシウムもしっかり摂っておきたい栄養です。

 

小魚や牛乳に多く含まれています。1日に200mlの牛乳でカルシウムが摂取できます。

 

糖質が高い食べ物を多く取り過ぎない

 

白米やパンなど糖質が高い食べ物は血糖値を急上昇させてしまいます。
また、糖質が高いと血液中の糖質がたんぱく質と結びついて卵子を老化させる物質を造り出してしまいます。

 

ですから白米より玄米、パンより玄米パンなど糖質が低い食べ物を採るようにすると良いでしょう。

 

 

関連ページ

妊娠しやすい時期ってあるの?
動物には1年を通して妊娠する時期がありますが、人間の場合にはどうでしょうか?
妊娠しやすい体位を知っていますか?
人によって妊娠しやすい体位ってあるんです。その違いは子宮の位置にあります。
自分の排卵日がいつか分かりますか?見分ける方法とは
妊娠するためには自分の排卵日を知っておくことはとても大切なことですが、いつが排卵日なのかちゃんと分かっていますか?排卵日を知る方法をいくつかご紹介します。
高齢でも妊娠しやすい人と妊娠しにくい人の違いや特徴がある!
同じ40代と高齢なのに、特に不妊治療をしなくてもすぐに妊娠できる人もいれば、不妊治療をしていてもなかなか妊娠できない人もいますよね。何が違うのか、特徴があるのでしょうか?