高齢 妊娠しやすい人と妊娠しにくい人の違い,妊娠しやすい人の特徴

高齢でも妊娠しやすい人と妊娠しにくい人の違いとは

 

40代という高齢でも何にも問題なく自然妊娠できる人がいます。
羨ましいですよね。

 

では、妊娠しやすい人はどんな特徴があるのでしょうか?

 

性格:おだかやで前向き

生理:規則正しい

夫婦生活:排卵日以外でも定期的に夫婦生活を持っている

体:太っても痩せてもいない標準的な体

運動:何かしら体を動かしている

冷え:冷え性ではなく、基礎体温も高め

 

 

どうですか?当てはまる項目はあったでしょうか?
次に妊娠しにくい人の特徴を見ていきましょう。

 

 

性格:細かく神経質。完璧主義

生理:生理不順

夫婦生活:セックスレス気味、排卵日以外には夫婦生活はなし

体:肥満体型や痩せすぎている

運動:ほとんど運動していない

冷え:何をやっても改善しない冷え性、基礎体温も低い

 

こうやって特徴を見てみると、妊娠しやすい人と妊娠しにくい人の違いは、陰と陽で正反対なのが分かりますね。

 

 

 

妊娠しやすくするためにやっておくことは

 

妊娠しやすい人と妊娠しにくい人の違いが分かったところで、では、妊娠しにくい人だと判明した場合に具体的にどうすればいいのでしょう。

 

妊娠しやすい人の特徴に近づけるようにすればいいのですが、全部を変えるとなるとかなり大変ですよね。
そこで、大まかな注意点だけ解説していこうと思います。

 

まず、妊娠にストレスは大敵です。
その理由は、ストレスを受けると脳の視床下部から子宮や卵巣に出ている司令がうまくいかなくなり、結果ホルモンバランスが崩れたり、子宮や卵巣機能が低下してしまいます。

 

40代は妊娠率が低いことをしっかりと理解したうえで、不妊治療で陰性の結果が出たり、妊娠検査薬が真っ白で妊娠できていなかったとしても、「まだ次がある」と前向きに考えるようにしましょう。それでも妊娠できなかったことをくよくよ悩んでストレスを受けてしまった場合には、自分なりのストレス解消法を見つけて心を解放してあげてくださいね。

 

 

2つ目に、排卵日以外にも夫婦生活を持つように努力しましょう。

 

40代になると男性も仕事疲れが出てきますので、性欲が低下する人が多くなります。
女性も不妊治療などをしていると、タイミング敵に仲良しできなかったり気分がのらなかったりして、仲良しが遠ざかってしまいます。

 

ですが、40代でも妊娠している人は、夫婦生活の回数が多く定期的に関係を持っています。
やはり、排卵日以外にもコンスタントに仲良しをしている夫婦の方が妊娠率が高くなっています。

 

ですから、なるべく排卵日以外でも夫婦生活を持つようにしましょう。

 

 

最後に標準的な体型に近づける努力をしましょう。

 

妊娠には太りすぎていても、痩せすぎていてもダメなんですね。

 

BMIって知っていますか?
理想的な体型を数字で表しているものですが、BMIの数値が22くらいが妊娠しやすい体型になります。

 

数値の計算の方法ですが、

 

体重÷身長×身長で出ます。

 

できるだけBMIを22あたりに持ってこれるようにしておくと良いですよ。

 

 

40代で妊娠するためには、かなり努力が必要ですが、これもかわいい赤ちゃんを授かるためです。
頑張りましょうね。

 

関連ページ

妊娠しやすい時期ってあるの?
動物には1年を通して妊娠する時期がありますが、人間の場合にはどうでしょうか?
妊娠しやすい体位を知っていますか?
人によって妊娠しやすい体位ってあるんです。その違いは子宮の位置にあります。
自分の排卵日がいつか分かりますか?見分ける方法とは
妊娠するためには自分の排卵日を知っておくことはとても大切なことですが、いつが排卵日なのかちゃんと分かっていますか?排卵日を知る方法をいくつかご紹介します。
妊娠しやすい体質に変わろう!│妊娠力を高める食べ物とは
妊娠しやすい体質に改善して妊娠力を高めるためには日頃の食生活を見直しましょう。妊娠によい食べ物を紹介しています。