妊娠しやすい体位

自分の子宮の位置が分かりますか?

 

仲良しをすると精子は子宮頚管を通って子宮の入り口である子宮口までやってきます。
そして子宮の中へと侵入していきます。

 

排卵期になると子宮はスポイトのように精子を吸い込んで中に取り込むので、なるべく多くの精子を吸収するためには子宮口に近い位置で射精したほうが中に入っていきやすくなります。

 

この理由から子作りをするときは子宮口を精液でいっぱいにさせるほうが良いのです。

 

子宮口は子宮の下側にありますが、子宮の位置がまっすぐな人は少なくて、ほとんどの人が前屈または後屈しているそうです。
自分の子宮が前屈しているか後屈しているかは、病院で診てもらわないと自分では分かりません。
もし病院に行くことがあれば、一度聞いてみるといいと思います。

 

 

 

 

子宮が前屈している人の体位とは

 

子宮が前屈している人の妊娠しやすい体位は

 

バックや正常位

 

 

が良いそうです。前屈している人の子宮は膀胱の方に傾いているそうです。ですから子宮口に近づくには最後に射精するときはバックや正常位が良いということです。

 

射精した後は精液が外に流れ出るのを防ぐために30分ほどじっとしているといいですよ。
また、子宮が前屈している人はその時に枕などを腰の下に入れて腰を高くしておくとよりたくさんの精子が子宮に入っていきやすくなります。

 

子宮が後屈している人の場合は

 

子宮が後屈している人の妊娠しやすい体位は

 

バックや後側位

 

だそうです。

 

子宮が後屈している人は子宮がお尻の方に傾いています。
最後に射精するときは子宮口に近い位置になるようにバックや後側位がオススメです。

 

ここで注意ですが、子宮が前屈している人の妊娠しやすい体位にもバックがあります。
同じバックという体位ですが少しやり方が異なります。

 

前屈している人のバックは女性は四つん這いで行います。
ところが後屈している人のバックは女性はひざを立てて四つん這いにはならずに両足を伸ばしてうつぶせになります。
男性もうつ伏せになり挿入するバックです。

 

また、後側位というのは横を向いて寝て男性が後ろから挿入する体位のことです。

 

後屈している人の子宮口はお尻側にあるので、正常位など前からの挿入では子宮口まで遠くなってしまうので、いずれも後ろから挿入しないといけないんですね。

 

後屈している人も射精した後はしばらく動かずにじっとしていましょう。

 

 

 

関連ページ

妊娠しやすい時期ってあるの?
動物には1年を通して妊娠する時期がありますが、人間の場合にはどうでしょうか?
自分の排卵日がいつか分かりますか?見分ける方法とは
妊娠するためには自分の排卵日を知っておくことはとても大切なことですが、いつが排卵日なのかちゃんと分かっていますか?排卵日を知る方法をいくつかご紹介します。
高齢でも妊娠しやすい人と妊娠しにくい人の違いや特徴がある!
同じ40代と高齢なのに、特に不妊治療をしなくてもすぐに妊娠できる人もいれば、不妊治療をしていてもなかなか妊娠できない人もいますよね。何が違うのか、特徴があるのでしょうか?
妊娠しやすい体質に変わろう!│妊娠力を高める食べ物とは
妊娠しやすい体質に改善して妊娠力を高めるためには日頃の食生活を見直しましょう。妊娠によい食べ物を紹介しています。